• 遠鉄周辺で輸入住宅を建築する

    遠鉄とは、遠州鉄道のことを意味します。

    これは浜松から出発してぐるりと浜松の目を回り東側に向かって行き、最終的には掛川に行きます。
    東海道線を遠回りさせたような感じの路線になっています。
    このような路線にしたのは、浜松の北側に鉄道がないからです。


    名古屋に国も乗り換えをすることができるので便利です。


    では、遠鉄沿線沿いに住宅を購入する場合は、どのような住宅がよいでしょうか。



    特に目立ったものでなければ、普通の工務店やハウスメーカーで建てる住宅でよいでしょう。


    ですが最近は工務店やハウスメーカーでも、少し変わった住宅もありますので注目です。



    一方日本の住宅以外でも輸入住宅を選ぶ人は少なくありません。
    輸入住宅とは、したアメリカや北ヨーロッパの住宅のことです。
    これら住宅は、寒い地方にありますので気密性が優れており冬の寒さをしのいでくれます。



    もちろんそれ以上に見た目のおしゃれさがあるため、輸入住宅を建築したいと思っている人は少なくありません。
    遠鉄周辺で輸入住宅を建築する場合、基本的には法律的な制限などはありませんので、土地さえ確保できればどこにでも建築することができます。


    ただ一部景観を重要視する地区などがあり、和風住宅しか建ててはいけないという決まりがある場所もありますので、事前に調べておくことも重要になります。

    気密性や断熱性の高い輸入住宅ですが、そういった機能を考えるならば、南側の地域よりも北側の山際の地域などを選んだほうがよいでしょう。