• 新築に選択肢として輸入住宅はどうですか

    輸入住宅の中心になっている欧米の住宅は、接客のためのスペースと家族の日常生活をするプライベートなスペースが分けられていることに特徴があります。



    だから、プライベートの家族との時間を大切にするコンセプトで家づくりがされています。
    キッチンヤリビングがゆったりとスペースをとり、テラス、ファミリールームは、オープンな造りが好まれます。キッチンで料理をしながら子供の今日の出来事を聞いてやる、時には主人がキッチンに立って子どもたちと料理をつくる家族中心の生活を家づくりの理想としています。


    こだわりは、家族それぞれが持っています。
    新築で注文住宅を建てることは、こんな家族のわがままを取り入れることでもあります。

    輸入住宅を取り入れることでこの夢がかなうかもしれません。

    新築で、オーダーメイドの家を購入して後で後悔することがあります。

    理想がかなわなかったからです。
    輸入住宅は、居心地がいいとよく聞きます。
    新築にあたって、自分の好みを積極的に取り入れて、住む人がオープンなスペースを確保できるコンセプトを大事にして造られているからです。
    気密性にすぐれており、耐用年数も日本の住宅に比べて高いといわれています。結露がつきにくい構造が保たれています。



    西洋人が生み出した家に対するこだわりを、輸入住宅を建てることで手にいれませんか。


    後悔しない住宅に住むことが、注文住宅を建てるメリットです。
    それぞれの家族の好みを聞いて、輸入住宅でその意見を取り入れた家を実現してみてください。