• 戸建なら輸入住宅という選択肢もある

    住宅街を歩いていると、素朴で重厚感にあふれた家や三角屋根のおしゃれなデザインの家を見かけることはないでしょうか。

    そのような家はおそらく輸入住宅と呼ばれる戸建住宅です。


    輸入住宅とは海外の設計コンセプトを資材やパッケージごと輸入して建築された住宅です。

    どっしりとして温かみが感じられるヨーロッパスタイルやデザインが多彩な北米スタイルが人気です。

    自然を身近に感じたい人たちや個性を大切にしたい人たちの中には北欧や北米でよく見られるログ材を積み上げて作られたログハウスを建てる人もいます。



    どちらの輸入住宅にも共通しているのは日本の住宅よりも空間が広く感じられる間取りになっているということです。


    また、耐久性・耐火性・耐震性にも優れています。海外の戸建住宅は1世代・2世代だけではなく、3世代先まで住むのが当たり前です。



    100年先まで安心して住むことができる耐久力があります。
    分厚い木材を利用した骨太な構造は火に強く、断熱効果も抜群です。

    そして柱で支えずに箱の面で支える構造となっているために耐震性が高く地震にも強いのが特徴です。

    さらに、窓は複層ガラスが使われていて気密性・断熱性に優れており省エネ住宅でもあります。



    このように輸入住宅はデザイン性、居住性、機能性に優れ、かつ長く快適に住む続けられるという特徴があります。

    もしもこれから戸建住宅を建てようと考えているのなら、輸入住宅という選択肢もあるのではないでしょうか。